長谷川先生より

長谷川先生の偉大な仕事である長谷川式簡易知能評価スケールについてです。

日本精神神経学会、特別講演で、自分の検査方が間違って実施されていると言うお話がありました。

それは次の質問です。

「100から順に7をひくと?」という質問を.

100-7は,え?93. そうですね。では93から7をひくと? と やってしまいがちです。

これは2回 引き算をやっただけです,

正しくは、「100-7は,え?. そうですね。では それから7をひくと?」です.

試験者は,最初の答え93を言わないで, 数字を ワーキングメモリーに入れさせて、計算させると言うことを見ているわけです。

 

 

PAGE TOP