袖触れ合うも多生の縁

今日,道ですれ違った際に袖が触れ合った程度のわずかなことでも,前世での宿縁が あるからですよと言う意味です。 私たちは何回生まれ変わったのでしょう?そしてまた何回人間になったんでしょう。 そんな 魂がすれ違う事は, とても希有なことであります。 家族として生まれてきたこと、友達として知り合うこと、仕事仲間として働くことなど, このようなセッティングをされていることは, 奇跡に近い ことであって、これを享受していくか,甘受していくのかは,またそれぞれの因果につながるのでしょう.

PAGE TOP