境界性人格障害

境界性と言う位なので、どことどこの境界にいるのでしょうか?

現在は否定されていますが、神経症と統合失調症が同一スペクトラム上にあると考えられていた頃に、その中間にあるのは,いわゆる境界性人格障害と考えられていた時代がありました. その後、 状態像ではなく傾向の障害とされパーソナリティ障害に分類され、 情緒不安定性パーソナリティ障害と統合失調型,統合失調質パーソナリティー障害 となっていると思います.

分類するのは、治療するためにだと考えていますので、パーソナリティーに対しては働きかけや、強化と言った非薬物治療がメインとなるのに対して, 統合失調症は薬物治療が主体です. 精神科医と言うのは、神様のような言葉を投げかけて、いっぱつで福音を起こすことができるわけではないので、薬で治るかどうかをまず見極めるのが仕事と言えるでしょう。

PAGE TOP